代表より

南の島の素晴らしさをたくさんの人に知ってもらいたい!

現在のコロナ自粛で思うこと

コロナが全世界の人々に影響を与えている中で、
日本では隣の都道府県にも行けない状況になっています。
100年に一度とも言われる大変な世の中で旅行を考えること、ましてやそれを販売すること自体社会悪なのかと、私は日々の自粛生活の中で何度も考えました。

ただそんな日々の中で、当社をご利用頂いたお客様から励ましのメール、そしてコロナ収束後の旅行を楽しみにしている、との声を沢山頂きました。
本当にありがとうございます。皆様の励ましが今の私の支えになっています。

世界には観光客がこなくては成り立たないという国が沢山あります。
当社が扱っている南太平洋やインド洋の国々もそんな国になります。
そこに住んでいる人々は早くコロナが収束して
一刻も早くたくさんの観光客がきてくれることを待ちわびています。

今は確かにこのような状況で海外旅行をすることはできません。
しかし過ぎてしまえばそんな日々はあっという間のできごとだったんだ、
と思える日がくると信じています。
その時にはお客様ひとりひとりに寄り添い、旅行の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

「コロナ疲れで、早く旅行をしたい」と思っている人も多くいると思いますが
もう少し我慢して、また旅行へ行ける日がきましたら、是非ともよろしくお願い致します。

有限会社アドベンチャー・アイランズ 
佐倉秀幸

 

設立20周年を迎えて

私、佐倉が1998年に旅行会社を設立し、
早いもので20年の年月が過ぎました。代表
1993年から1998年までの5年間ニューカレドニア現地でガイドをして、何万人というお客様をお世話させて頂いたことが当社の原点になっています。

その時に感じたことですが、お客様にはいろいろなタイプがあります。

個人、カップル、ファミリー。
目的で見ても、観光、ビーチ、ダイビング、サーフィン、挙式、ショッピング、静養、その他。

そこへ個人の性格が加わりますと、旅行内容は十人十色になるものです。
また、ビーチリゾートと言っても世界にはたくさんありますが、その特徴を知らずに現地に行き「こんなはずではなかった」と言う方が案外たくさんいました。

現地でガイドをしている時には、少しでも多くの人に南太平洋の素晴らしさを知って頂きたいという思いでお客様に接していました。
そして日本に帰国し旅行会社を設立した時には、できるだけお客様の思っているイメージを確認し、実際の旅行では想像以上に感動できる世界を紹介するように心がけてきました。

さらに現在は会社設立し20年が過ぎましたがその当時ファミリー旅行で行かれたお子様が、今では大人になってハネムーンで当社を利用されている、という感じに時間が過ぎました。

このように過ぎて行く時間の中で、世の中も流行もどんどん変わっていきます。しかしどんなに世の中が変わっても南の島が持っている素晴らしさは永遠のはずです。

  • 椰子の木の間から漏れてくる太陽の光
  • 小麦粉のように細やかで白いビーチ
  • エメラルドグリーンの美しい海
  • たくさんの魚と珊瑚の戯れ

そんな南の島の素晴らしさを、是非当社を通して感じていってください。
そのような気持ちをベースにして当社はこれからも益々皆様へ
南の島を紹介していきたいと思っております。