コンテンツ

フィジーの基本情報

正式名称 フィジー諸島共和国
首都 ナンディ
言語 英語(他フィジー語とヒンドゥー語)
通貨 通貨単位は「フィジードル(FJD)」
チップ 習慣はありません
(何かしてもらったら、しっかり感謝の意を伝えましょう)
電圧 電圧:240V
プラグ:Oタイプ
ビザ  4ヶ月以内の観光目的の滞在ならビザは不要
パスポート 残存が6ヶ月+滞在日数以上の有効期限が必要
水道水 水道の水は飲料としては問題ない
小さな離島(リゾートホテルがあるいくつかの島も含む)の水は
塩分を含むものが多いので、ミネラルウォーター購入が無難
アクセス

時差

【フライト】直行便はなく、韓国/香港/ニューカレドニア/
パプアニューギニアなどを経由するのが一般的。

【時差】日本時間より3時間早い。
(例:日本が12:00の場合、フィジーでは前日の15:00)
*サマータイム時は4時間になる

気温

降水量
熱帯性気候で、雨期(12月-4月)と乾期(5月-11月)に分かれる。
夏(12月-3月)、冬(7月-9月)を通して日中は、30℃程まで暑くなるが、
乾燥している為に過ごしやすい。
服装

年間夏服でOKだが、4月-11月は朝夕涼しくなりますので
カーディガンなど長袖を一枚持っていくと良いでしょう。

年間を通して紫外線・日差しが強いのでご注意ください。
日中の服装は自由だが、レストラン(ホテルのレストラン含む)
ではカジュアルスマートを心掛けてください。

※レストランで止められることはありませんが、
男性は極力襟付き(ポロシャツでOK)シャツに長ズボン、
女性は簡単なワンピースなど。
ビーチサンダルは避けてください。

お店

一般的には月・金曜日 8:00 - 17:00 / 土・日・祝日は休み
個人商店やお土産屋さんは、土・日曜日営業している所もある

両替 両替の換算レートがいいのは町の銀行と言われているが、
空港の銀行でも変わりはない。ホテルやお土産屋でも両替が
できるが、レートはあまり良くない。
タクシー 日本のように流しのタクシーもあるが、料金メーターが無く、
乗車時にドライバーとの交渉になる。
中には高額を要求されることもあるのでご注意下さい。
相場が分からないかと思いますので、基本的にはホテルやレストランなどで
呼んでもらうようにして下さい。
*ホテルやレストランで呼んだ場合は固定料金があるのでご安心下さい。